アメリカの生活に関する情報

何ヶ月か何年かは住むことになるアメリカ、アメリカで生活する上で知っておいた方がいい生活情報を紹介します。
ほとんど基本的なことですが、アメリカの電圧は120V、プラグタイプはAだ。
日本の電圧は100Vで、プラグは2本なので形状も異なります。
日本の電化製品を持って行っても丸々アメリカでコンセントにさして扱うことはできませんから注意してください。
日本から変圧器を持ち歩くか、差し込みプラグだけ持って行くようにするといいと思います。

保険についてですが、海外留学の場合少々現地で生活することになりますから、当然病気やケガをして病院による機会もあると思います。
何の保険にも入らず病院へかかるとかなりの診療代、治療費がかかってしまう。
あるいは診察が受けられないとか、入院ができないといったこともでて来る。
海外留学する前に必ずや保険へ入って行くことをおすすめします。
近年は、留学先の学校側から保険を指定されて加入する場合も多いようです。
指定がない場合には、病気やケガ、盗難、紛失などワンセットになった海外留学生保険への加入がおすすめです。
こういう保険は日本を出発してしまってからは新規加入できないので、事前に日本で手続きを済ませておきましょう。

海外留学する場合には、現地の有償となります。
出発前に日本でいくらか両替してアメリカドルを持参しておいたほうが便利です。
現地についてあっという間にチップを払う場面に遭遇するかもしれません。
アメリカはカード社会で、多額の現金を持ち歩いて要る人はいません。
クレジットカードで払う人が多いので、欠ける人は日本で作ってから行くようにください。
ホテルの予約、レンタカー、飛行機の予約などクレジットカードがなければ予約できないこともあるので携帯必須です。
写真付きのクレジットカードなら、アメリカで身分証の代わりとして助かるため、パスポートを持ち歩くというリスクをおかす不要ので便利です。

長期間、海外留学をする場合には、日本から自分のパソコンを持ち歩く人も多いだ。
短期留学ならば、現地の語学学校のパソコンを使ったり、サイバーカフェを利用したりすれば使えます。
長期間留学するならば、アメリカでプロバイダー契約を通して利用したほうが安く利用できます。
日本から海外対応のローミングサービスを契約していくと料金が割高になります。
現地で契約するのに不安な人は、留学先にいらっしゃる日本人の留学生やスタッフに聞くといいと思います。
またパソコンに内蔵されているモデムが海外対応のものかどうか、事前に確認しておく必要もあります。参照サイト

アメリカの生活に関する情報