緑内障の予防にはルーティンの改善がポイント

緑内障そのものを務めだけで改善することはできませんが、進行を遅らせたり予防するという意味では務めの改善が欠かせません。最も30代〜40代の若年性緑内障のリスクが高い人は、務めを付け足し体質改善をするとよいでしょう。

最近では、30代、40代の若年性緑内障が目立ってある。一際、緑内障の遺伝をもつタイプの人は、早めに務めを直し、緑内障にならない、なっても進行しづらい体質になっておくことが重要です。

務めの改善といってまず最初に言えるのは食生活の改善だ。
毎日の食生活は私たちの体を調べる栄養素を摂り込むために結構大切なため、食生活が乱れていると、直ちに体調の変化が現れます。
緑内障の進行を遅らせる、あるいは予防するためには、糖分・アルコール分を控えることと眼に良いとされている食べ物を積極的に混ぜることが大切です。また、一気に脂質の摂りすぎも要注意で、血液がどろどろになって目にすばらしい栄養が運ばれづらくなってしまうので気を付けたいポイントです。糖分とアルコールは控えめにして栄養のあるものをバランスよく摂取することを心掛けましょう。

次に考えられるのが眼精疲労だ。
目を使いすぎると、眼精疲労から緑内障のきっかけになる。 普段から目を酷使していると感じる人は、適度に目を休める生活に変えていきましょう。疲れたなと感じた時や一年中の終わりには、目を温めてコリをほぐして差し上げることを習慣にするとよいでしょう。

そして、適度な運動も緑内障の予防には欠かせません。
運動は眼圧を押し下げるために利口とされていますが、だからといって急にめざましい運動を始めると疲れてしまい続かなくなるので、とりわけ自分がもらえる範囲の運動から始めるとよいでしょう。長く積み重ねることが大切です。

また、ストレスは肝臓の機能を弱めたり血行不良を引き起こすので、緑内障を招く恐れがあるとされています。これはストレスによる血行不良により、視神経に栄養が運ばれないことによって起こってしまうといわれています。中でも最近は眼圧が正常なのに緑内障になる人が増えていて、その原因がストレスだと考えられています。

緑内障の症状は、放置しておくとザクザク進行して失明の恐れもあります。そうならないために、予防や進行を封じる対策が必要です。参照サイト

緑内障の予防にはルーティンの改善がポイント